副作用時の対処法

電球を直すストームトルーパー

レビトラはバイアグラの次に誕生したED治療薬で、オレンジ色の円形の外形が特徴的です。バイアグラよりも即効性が高く、服用してから30分程度で効果を発揮します。またバイアグラは5時間程度効果が持続しますが、その一方でレビトラは10時間程度持続し、バイアグラの2倍くらいです。

レビトラは効果が高い半面、副作用のリスクも少なからずあります。レビトラを服用して起こる可能性のある副作用には下記のような症状があります:

ほてり、下痢、筋肉痛、頭痛、めまい、視覚異常、消化不良

ほとんどの副作用はレビトラが作用している4〜6時間の間に起こり、それから徐々に治まっていきます。頭痛が気になる場合は、バファリン錠などの頭痛薬を併用しても問題ないとされています。なお、ごく稀に重篤な副作用が起こることがあり、その場合は直ちに医療機関を受診するようにしましょう。

消化不良を防ぐには、なるべく空腹になる時間を置くことです。レビトラでは空腹時に服用する必要があるのですが、服用後も数時間は重いものを食べない方が良いと言えます。

副作用のリスクを最小限に防ぐには、やはり用法用量を守って正しく服用することが重要です。そのためにはお医者さんの診察を受けて持病や服用中のお薬などを見てもらった上で適切な量を処方してもらうことがベストだと言えます。

しかし、最近では個人輸入を通して海外からレビトラを取り寄せる愛用者も多くなってきているようです。個人輸入では難しい作業を自分ひとりで行うよりは、代行をしてくれる通販サイトを利用するのが良いでしょう。海外製医薬品専門の通販サイトなら診察代など余計な費用がかからずにレビトラを安い値段で購入できるのです。

Copyright(c) 2018 レビトラで男の自信を取り戻せ!|ED治療薬のレビトラ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com