レビトラの歴史

歴史的建造物

3大ED治療薬のひとつであるレビトラは、どのようにして世に出たのでしょうか。レビトラは2001年にドイツの製薬会社であるバイエル社から発売されました。日本で正式に認可されたのは2004年のことです。その前に発売されたのがバイアグラでファイザー社というアメリカの製薬会社が発売したのですが、バイアグラよりも即効性が高く長時間続くレビトラは瞬く間に世界的に人気が高まり、日本でもバイアグラに並んで高い人気を誇っています。バイアグラの主成分はシルデナフィルというものですが、レビトラはそれとは違うバルデナフィルという主成分でペニスへの血流を良くして勃起力を促します。

現在では世界70カ国以上で販売されているレビトラは、シアリスとバイアグラに続いてED治療薬では3番目に高いシェアを誇っているのです。日本ではED治療を専門とする病院ではよく処方されます。主に処方されるのは10mgと20mgです。しかし、病院だと保険が適用されないので結果高いお金を払って買わないといけません。そのため、レビトラを欲しくてもコストがかかりすぎるという理由で、レビトラを服用しないことを選択する男性が多いようです。

そこで便利なのが、医薬品専門の通販サイトです。最近では個人輸入を代行する医薬品通販サイトが普及し、EDに悩んでいる多くの男性が通販サイトでED治療薬を購入しているようです。その中にレビトラもあり、レビトラは愛用者ほど通販サイトで安く購入しているのです。レビトラは通販サイトだと診察代など余計な費用がかからないので、格安でレビトラを手に入れたいと思っていた方には、とてもオススメな購入方法です。送料は一般的に1万円以上のお買いもので無料になるようです。

Copyright(c) 2018 レビトラで男の自信を取り戻せ!|ED治療薬のレビトラ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com